鍼は痛くない

ホーム > 鍼灸・マッサージについて > 鍼は痛くない

鍼治療で使用する鍼には痛くない秘密があります!

皆様がご存知の注射器の「針」や裁縫道具の「針」は刺さると痛いものですが、
鍼灸の「鍼」は痛くありません。
現在の鍼灸治療は、髪の毛程の細さである0.2~0.1mmの使い捨て鍼を使用することが主流になっており、この鍼はあまりにも細いので痛みを感じません。
刺し方・針先の形
痛くない理由の一つに鍼の刺し方があります。
鍼治療の時、鍼管(しんかん)と呼ばれる細い管を使います。
鍼管に鍼を入れ、鍼管上部にわずかに飛び出している鍼の頭を手でたたいて刺すと、
鍼先は瞬時に皮膚を通過するので、細胞の破壊は最小限に抑えられ、痛さを感じないのです。
もう一つ、鍼先の形が痛くないように工夫されています。
鍼の先端は丸みを帯びていて、この丸みを帯びた鍼先が抵抗を少なくし
スムーズに入る為、 痛さを感じないという仕組みになっています。
鍼治療イメージ
患者様からの声
皆様の鍼治療に対する最初の壁である「鍼は痛くないのか?」
私達もどう皆様に伝えたら分かりやすく理解していただけるか課題でもあります。
施術後の患者様に鍼灸治療について伺ってみました。

「蚊に刺された時のようだ」「鍼が刺さってる感覚はあるが本数は分からない」など
皆様最初に想像していたような痛さは感じていない声が多いです。
鍼治療イメージ